無料ブログはココログ

2017年4月23日

Androidで日本語配列物理キーボードの利用法

Android タブレットで、
日本語入力アプリに「Google 日本語入力」をインストールして利用すると、
前回の記事を書いたとき、システムの設定メニューで物理キーボードのキー配列を選ぶことができなかった機種でも、
「Google 日本語入力」アプリのメニューで
「入力」→「ハードウェアキーボードの設定」と、たどれば、
物理キーボードのキー配列として、日本語配列を選べることが分かった。
それで、ニンテンドー・キーボードを利用することができた。

これで、変則的なキー配列の ELECOM TK-FBP052 を使わなくてもよくなった。
ELECOM TK-FBP052 は [ENTER] キーの位置が普通のキーボードより1段下にずれていて誤操作しやすかったし、カーソルキーの配置も使いにくかった。

日本語変換能力は、
これまで使ってきた、タブレット用のATOKより、
Google日本語入力の方が優れているように感じる。

使い道がなくなっていたニンテンドー・キーボードを有効に活用できる。
見た目も、ELECOM TK-FBP052 よりニンテンドー・キーボードの方がオシャレだ。

Google日本語入力とニンテンドー・キーボードの組み合わせで、
半角・全角を切り替えるのには、
[半角/全角]キー単独ではだめで
[ALT] + [半角/全角] と入力する必要があって、少しめんどくさいのが玉に瑕だ。
しかし、それも慣れればいいだけのことだ。

パソコン用のキーボードの最上段にあるファンクションキーは、
ニンテンドー・キーボードには付いていないが、
カタカナに変換するときの [F7] は、[Fn] + [7] 、
全角英数に変換するときの [F9] は、[Fn] + [9] というふうに
[Fn] + 数字キーで代用できる。

※ ニンテンドー・キーボードの、またの名は「ポケモンキーボード」

2017年4月 1日

Android タブレットで外付けキーボード使用

ZenPad S 8.0 と TK-FBP052

Android のタブレットに外付けの Bluetooth 接続のキーボードを繋げた場合には、普通の Windows版キーボードでは記号文字を刻印通りには入力できない。これは、キーボードの配列を英語配列と断定してしまうことが原因だ。

これの対策として、いくつかのアプリ(ドライバー)をインストールする方法がウェブ上で提案されている。しかし、機種によっては、この方法で日本語配列を認識させることができない。

ほかにも ATOK プレミアム(プロフェッショナル)という毎月支払う有料サービスを使うことも提案されている。しかし、キーボードのために毎月5百円以上も使用料を払うのはもったいない気がする。

もう一つの手は、キーボード側に英語配列(iOS用)と日本語配列(Windows用)を切り替える仕組みを備えたキーボードを使って、英語配列に切り替えて使う方法がある。これは、キーの配列と刻印は日本語配列だが、刻印通りの文字を英語配列のキーボードから入力されたように見せかけてコンピューターの本体へ送信する。入力する側の人間は日本語配列のキーボードとほとんど違わない気分で入力できる。

私は、この、英語配列・日本語配列切り替えキーボードを使う方法で、救われた。
タブレットは ZenPad S 8.0 で、
キーボードは ELECOM の TK-FBP052 で、
IME は、ATOK for ASUS だ。
〔全角/半角〕キー(刻印はFULL/HALF)は英語配列モードでは使えないので、
〔ALT〕+〔スペース〕で日本語入力と半角英数字入力を切り替えている。
キーが少なくて配列が特殊なキーボードなので、少し使いづらいところもある。

ただし、似たような仕組み(Mac/PC 切り替え)のはずの
キーボード ELECOM TK-FBP01 では、この方法は使えなかった。
相性があるようなので、
他のキーボードについては私には使えるとは保証できない。

2016年10月25日

iPod touch や iPhone や iPad に音楽の曲だけを追加

iPod touch や iPhone や iPad に新しい楽曲をパソコンから追加したいときには、パソコンで iTunes を起動しておいて iPod touch 等を USBケーブルでつないで転送するという、大まかなことは分かっていたが、
うっかり同期すると、iPod touch 等で不要になって削除したアプリまで再びインストールしようとしたので思わず中断したくなる。

よけいなことはせずに追加したい曲だけ転送できればいいのに、と思ってウェブで検索してみたが、微妙に違う方法が書かれていることが多かった。

 それらの記事を参考にしつつ、
現状の自分の常用している環境で、
選んだ曲だけを iPod touch に追加することができたので、
その方法を、詳しく書いておきます。

パソコンのOSは Windows 7 で
iTunes のバージョンは 12.5.1.21 です。

以下に iPod touch について書いてありますが
iPad にも、同じ方法で曲を追加できました。
おそらく、iPhone にも同じ方法で追加できるだろうと思います。
「iPod touch」となっているところを
「iPhone」や「iPad」と読み替えて実行してください。


----------------------------
パソコンの iTunes を起動して

メニューを
[編集]→[設定(F)…] と
たどると
「デバイス環境設定」というタイトルのダイアログが現れるので
その上の方に並んでいるアイコンの中の「デバイス」を選び
中ほどにある
 □iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない
の左端の□をクリックしてチェック(レ)を入れる。
(すでにチェックが入っていたら、そのままにする)
下の [ OK ] ボタンをクリックするとダイアログが閉じる

----------------------------
--- 次の段落の補足 ---
初めて iTunes と iPod touch をつないだときに
iTunes , iPod touch の双方で、
相手を信頼して使用するためのダイアログが現れるので
信頼してつなぐように項目をクリックする。
iPod touch の電源は入れておく。
----------------------------
iPod touch を USB ケーブルでパソコンにつなぐと
パソコンの iTunes のメニューのすぐ下の左の方の
ミュージックとかを選択するボックスの右隣に
iPod touch のようなアイコンが現れるので、その絵をクリックすると
iPod touch の名前が上にある大きいダイアログに画面が切り替わるので
その下の端に「オプション」という領域があり
 (見えてなければ、下へスクロールすると現れる)
その中ほどにある
 □音楽とビデオを手動で管理
の左端の□をクリックしてチェック(レ)を入れる。
(すでにチェックが入っていたら、そのままにする)

下に [ 適用 ] というボタンがあればそれをクリックする。
クリックすると [ 同期 ] という表示に変わる。
「適用」となってなくて [ 同期 ] となっているボタンは押さないこと

下の [ 終了 ] ボタンをクリックすると大きいダイアログが閉じて
元の画面になる。

----------------------------
これで準備完了、
----------------------------

あとは、iTunes のライブラリーから
iPod touch に追加したい曲をクリックして選ぶ。
このときシフトキーやコントロールキーを使って複数選択できる。
選択された曲の行が青地に白文字に変わる。
 (私のパソコンの場合こうなる)

選択された曲の上へマウスポインターをもっていき、
右クリックすると、コンテキストメニューが現れ、
「デバイスに追加」 という項目へマウスポインターをもっていくと
追加先を選べるので、iPod touch の名前をクリックすれば

めでたく、選んだ曲だけが iPod touch に追加される。

iTunes から iPod touch へ曲を転送中に
上で変化していたプログレスバーが止まって
転送が終わったら、

左に並んだ項目の、
「デバイス」の下の iPod touch の名前に
マウスポインターをもっていくと
右にイジェクトボタンのマークが現れるので
それをクリックして iPod touch をケーブルから取り外せば終了。
----------------------------


2016年7月 5日

英語考

This is a pen. That is a book.
These are the first sentences that I learned at junior high school.
 その頃の私は英語の学習にのめり込んでいて、英語は素晴らしい言語だと思っていた。

 しかし、高校に入っていろいろな単語が登場してくるにつれ、英語というのはなんというゴチャゴチャした言語なのだろう、と思うようになった。

 まず第一に、綴りと発音との対応規則が「ない」。ソニックとかなんとかいって規則らしいことを言う人もいるが、例外が多すぎて使えたもんじゃない。例外が多すぎる規則は、規則とは呼べない。英語の綴りと発音の関係がゴチャゴチャしているのはたぶん、次の段落にも書いたように、ドイツ語やフランス語などに見られる読みと綴りの関係が規則的になるような工夫を何もする余裕がないほど速く、多くの外来語を受け入れてきたことにも関係があるのだろう。しかも、ヨーロッパの言語由来の単語の場合、元の言語での綴りをできるだけ保存しようとする傾向がある。これは言い換えれば、ドイツ語やフランス語の文章に見られるような、文字にくっついた記号(ウムラウト、アクサン etc.)がほとんどないので、見た目がすっきりしている、という言い方もできる。

 第二に、意味が重複する単語が多い。英語本来のアングロサクソン固有の単語、古代から中世にかけてのヨーロッパの共通語であるラテン語からの借用語、そのラテン語に溶け込んだギリシア語、また、イギリスを占領したことのある異民族の言葉…フランス語、デンマーク語、ノルウェー語からも多くの借用語がある。語彙が多くて意味が重複するというのは、言葉を変えて言えば、微妙なニュアンスの違いで言葉を選ぶことができる、ということでもある。しかし、この恩恵を受けるのはネイティブに英語を習得している者たちだけである。

 見た目はすっきりしているが、発音と綴りが不規則で、単語一つ一つの綴りと発音を確実に記憶しなければならないこと、同じような意味の単語が多いことなど、英語は外国人にとって習得しにくい要素が多い言語であると言えよう。

 ゴチャゴチャしているのは日本語も同じである。訓読みと音読み、音読みの中にも漢音や呉音や慣用音など、漢字の読み方がいろいろある。送りがなの付け方は、時々規則が変更される。漢字を使用している他の国の人々にとっても、日本語の中の漢字を読み書きするのは一苦労のようだ。明治以降はヨーロッパから大量の単語を借用し、一部は漢字の熟語を創作したり、一部は発音を日本語風に変更してカナ書きしたりで、ゴチャゴチャしている。多様な語源の借用語があるという状況も英語と非常によく似ていて、同じような意味の単語が多い。
 ユーラシアの西の端近くの島国で生まれた言語と、ユーラシアの東の端近くの島国で生まれた言語が、どちらもゴチャゴチャしているという点で共通なのは、ある意味、親しみが持てると言うこともできようか。

2016年4月 7日

Windows 10 の動く2in1パソコンを手に入れた

 前回の記事の趣旨に反するようだが、
やはり新しい Windows のできばえも見てみたいという欲求を抑えられず、
今年の初めに 2 in 1 と言われるタイプのパソコンを手に入れた。

 約1年前に発売になって、値下がりして半値近くまでになった機種を 家電量販店の店頭で見つけて衝動的に買った。

 プレ・インストールされていたのは Windows 8.1 と Office 2013 だったが、
Windows は、無料アップデート期間中なので Windows 10 にアップデートした。
Office は Office Premium が入っていたので、 これも無料で Office 2016 にアップデートした。
これで最新機種の完成だ。

 メモリーは 4GB、ストレージは 128GB の SSD、
CPU は Intel Core M-5Y10c という仕様で、
最新の高性能機とは言えないが、
高速のゲームをしない限りは、これで十分だと思う。
なにせ初老なので、速いゲームはお手上げだから、最速機が欲しいとは思わない。
データ用のストレージが足りなければ大容量の Micro SD を挿せばよい。

 驚いたのは、起動が非常に速いことだ。
シャットダウンしてあったものが、電源を入れて数秒もたたないうちに、 もうログオンのパスワード入力ができる。
前回の記事に書いた、
『文章を書き始められる状態になったときには、
何を書きたかったのか忘れてしまう』
というようなことは、この機種では起こらない。
書きたいことを忘れないうちに起動できる。
起動の速さは SSD のおかげだと思う。
パソコンの変化の速さには驚かされる。

 マウスを使わなくてもタッチでほとんどの用が足せる点は Android機や iPad などと同じだ。
だが、込み入った作業では、やはりマウスを使っている。
先の細いペンも使えるみたいだが、まだ買わない。

この機種を気に入っているが、
 まだ、このマシンを私のメインのパソコンにしようとは思わない。
Windows 10 は完成途上のOSだ。
今年(2016年)の夏には、大幅な機能追加があるようだ。楽しみにしている。
ブラウザーの Edge や、音楽ソフトの Groove は、まだ製品としては半人前だと思う。 夏のアップデートでは、これらのアプリの完成度もアップするものと信じている。

2015年12月21日

キーボード付きAndroidタブレット

 去年(2014年)の2月にキーボード付き Android タブレット(ASUSのトランスフォーマーの後継機)を購入して使っている。タブレットといっても、ほとんどノートパソコン形態で使っている。キーボードは標準装備だし、電池の持ちも比較的良い。キーボード部分に標準のUSB端子を装備していてUSBメモリーなどのパソコン用周辺記憶装置を1つだけ接続でき、標準サイズのSDカードもキーボード部分に挿して使えるので、クラウド上のストレージを使えない状況でも、パソコンとのデータのやりとりが容易だ。

 文章を書きたいときに、すぐに取り出して書き始められるような、安価でかつパソコンとのデータ共用がやりやすいマシンが欲しくて、いろいろ調べた末に購入した。Windows 搭載のパソコンだと、どうしても起動してアプリを使えるようになるまでに時間をとられる(まだ最新機種は使ったことがないので分からないが…)。文章を書き始められる状態になったときには、何を書きたかったのか忘れてしまうこともある(笑)。このマシンだと、電源を入れてすぐに文章作成アプリが使える。

 文章を書くとき、ワープロソフトだと文字の大きさとか書体とか文字飾りとかにも気が行ってしまって、文章の内容に集中できないので、私は主にテキストエディターを使っている。Windows 上では秀丸エディターを使っているし、Android にも Jota+という素晴らしいエディターがある。

 Android では、一つのアプリが、画面全体を占有して使う。テキストエディターだけが画面に表示されているので、文章の入力に集中できる。画面がだだっ広くて、余計な要素が画面に散在している中にテキストエディターのウィンドウが浮かんでいる状態で作業することになる Windowsとは大違いだ。

 かつて私は「Windows なんて要らない。MS-DOSを高性能にしたマシンがあればいい。」と思っていたことがある。使い心地から言えば、このマシンは正にその通りのマシンである。画面を占有しているのが一つのアプリだけである点は MS-DOS と同様である。しかし、同時に複数のアプリを起動したままにしておくことができ。瞬時にアプリを切り替えてほかの作業をすることができる。文章を入力中に調べ物をしたくなっても、他のアプリを使って気楽に調べ始めることができる。その結果をすぐにまた文章作成に反映できる。この点が MS-DOS よりも優れている。

 仮名漢字変換は、パソコンで使い慣れたATOKを Android搭載のタブレットでも使うことができる。Windows でテキストエディターを使っているのとほとんど同じ感覚で文章を入力できる。このマシンのキーボードのサイズはパソコン並なので、キー入力でのストレスも感じさせない。

 ただ、付属のキーボードにはパソコン用のキーボードにあるようなファンクションキー(F1, F2, …, F12)がないので、カタカナ変換は [F7] の代わりに [Ctrl]+I(アイ)とか、全角英数への変換は [F9] の代わりに [Ctrl]+P とか、半角英数への変換は [F10] の代わりに [Ctrl]+[ とかの違い、つまり [Ctrl] キーの併用による変換方法も覚える必要がある。

 Android では、ファイルの扱いが Windowsと同様に自由にできるのも、使いやすい。かたや、iPhone や iPad の iOS だと、データはアプリに付属しているもの、という考え方なので、データファイルのやりとりが不便だ(iCloud Drive を使えば パソコンとのファイルのやりとりは少し楽になるが、必ずインターネットに接続している必要がある)。

 このマシンこそ、私が長い間探し求めていた、パソコンよりも素早く文章が書き始められて文章書きに集中でき、かつパソコンとのデータの交換が楽なマシンだ。

2015年10月 1日

El Capitan 到来

 昨日は El Capitan 用に更新されたアプリ達を既にインストールしてあって、
今朝は、El Capitan がダウンロードできるようになっていましたので、
私の Mac mini にインストールしました。

ダウンロードのファイルサイズは6GBもありました。
私の環境でダウンロードするのに2時間ほどかかりました。
インストールは1時間ぐらいかかりましたがスムーズに進みました。

今のところこれまでの環境と比べて具合の悪くなったところはありません。
Bootcamp で入れてある Windows 7 も全く影響なく使えています。

«iPod touch で電池残量の%表示可能

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30