無料ブログはココログ

« PS Vita 8月28日のシステムアップデートの感想を少しだけ | トップページ | mac mini は電源を入れるときに早、 Bluetooth が使える »

2012年9月 3日

Windows 7 を Boot Camp で Mac miniにインストールした

  Windows 7 を、Boot Camp を使って Mac mini
(OS: Mountain Lion、RAM: 4GB、HDD: 320GB、CPU: Core 2 Duo)
にインストールした。

事前に準備したものは次の通り。

  • Boot Camp アシスタントがダウンロードするサポートソフト(Windows用デバイスドライバなど)を収録するための、USBフラッシュメモリー(8GB)
  • Windows 7 のインストールDVD
      (私の機種は64ビット版の対象機種のリストに入っていないので、32ビット版をインストール)
  • USB接続の、マウスとキーボード
      (どちらも、手持ちの Windows 用を使用)

  準備物の最初に挙げたUSBフラッシュメモリーは、実際には1GB未満しか使われていなかった。
何かの解説で8GB必要と書かれているのを読んだのでそれを用意したのだが、
それはDVDドライブを内蔵していない機種で Windows のインストールDVDの内容をUSBフラッシュメモリーへ書き込む場合の必要量なのだった。
私の機種にはDVDドライブが内蔵されているので、Windows のインストールDVDはそのまま使うことができる。そういった場合には、1GBもあれば良いようだ。

Boot Camp アシスタントが動いているときには、まだ OS X の支配下にあるので、外付けのDVDドライブを認識して、DVDからUSBフラッシュメモリーへコピーすることができる。

ところが、再起動して Windows 7 をインストールする段階になると、機械は Windows 7 のインストール・ソフトウェアの支配下にあるので、必要最小限のデバイスドライバしか用意されていなくて、外付けのDVDドライブや、Bluetooth 接続の機器は認識しない。
それで話がややこしくなっているようだ。

 

  BOOTCAMP アシスタント が動き始めてから、Windows のインストールが終了するまで2時間ほどかかった。途中何度か再起動した。

インストール作業中は Windows用のUSB接続のキーボードとマウスを使用した。
インストール終了後、Windows が順調に動き始めてから、
常用している、無線接続で、コンパクトで、場所を取らない Bluetooth接続のキーボードやマウス、マジックトラックパッドを追加接続した。

Bootcamppartition_4
  HDDのパーティション分割は、OS X に 200GB弱、Windows に 120GBを割り当てた。

Bootcampformat_3
  Windows のDVD からのインストール途中で、
BOOTCAMP アシスタントで作成した Windows用パーティションには Windowsをインスト-ルできません、という警告が出て停止した。

最初はそれへの対処の仕方が分からずに、インストールに失敗したのかと思って、
電源を切って一度中止して、
USBキーボードのオプションキー(Alt キー)を押しながら電源を入れて
OS X Mountain Lion を起動して
ウェブでいろいろ調べたら、
BOOTCAMP アシスタント が作成したパーティションは FAT32形式でフォーマットされていたのだった。

  DVDドライブに Windows のインストールDVDが入った状態で再起動して、
DVDからのWindows のインストールの最初から始めて、
最初に失敗したと思った場面(2つめの写真)まで作業を進めて、
画面の右の方の「ドライブオプション(詳細)」をクリックすると、ダイアログが出て
問題のパーティションを NTFS 形式でフォーマットし直すことができて、
それ以後は順調にインストールが進んだ。

  ウィルス対策ソフトはウィルスバスターなど有料のものを使おうかとも思ったが、無料で使うことのできる Microsoft Security Essentials を インストールした。
パワーのあるマッキントッシュでは、このソフトが他の動作の邪魔になることはなかった。

  性能を評価する Windows エクスペリエンス インデックスで調べると、ハードディスクのアクセスが少し遅いが、それ以外のサブスコアでは比較的高性能だった。
これまでメインに使ってきたネットブックと比べたら、Boot Camp の Windowsシステムは、はるかにキビキビと動く。これをメインの Windows パソコンにしてもいいかもしれないと思った。これまで使ってきたネットブックの動作が、実は非常に遅い、ということがよく分かった。やっとまともな Windows パソコンを手に入れることができた。

その他、疑問に思われる点については、私見を述べても不正確になりますので、
次のサイトをご覧ください。
http://support.apple.com/kb/HT3986?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

また、bootcamp の詳しいやり方の説明は次のURLにあるPDF文書をお読みください。
http://manuals.info.apple.com/ja_JP/boot_camp_install-setup_10.7_J.pdf

« PS Vita 8月28日のシステムアップデートの感想を少しだけ | トップページ | mac mini は電源を入れるときに早、 Bluetooth が使える »

マッキントッシュ」カテゴリの記事

コメント

ご教示頂けますでしょうか。宜しくお願い致します。

>Boot Camp アシスタントがダウンロードするサポートソフト(Windows用デバイスドライバなど)を収録するための、USBフラッシュメモリー(8GB)

とございますが、当方USBに入れたのですが、winインスト後、ソフトを検出できません。(64bit のものでないと使用できない?)とでて、無線LANもbluetoothも使用できない状態です。; ;

どうしたらよいでしょうか。
教えて頂きたく宜しくお願い致します。


岡田様、お返事が非常に遅くなりました。申し訳ありません。
初老につき気配りが行き届きません。ご容赦ください。
疑問に思われる点については、私見を述べても不正確になりますので、
次のサイトをご覧ください。

http://support.apple.com/kb/HT3986?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

また、bootcamp の詳しいやり方の説明は次のURLにあるPDF文書をお読みください。

http://manuals.info.apple.com/ja_JP/boot_camp_install-setup_10.7_J.pdf

岡島様、2つ前のコメントでお名前を間違えてしまいました。
お許しください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14466/55569683

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 を Boot Camp で Mac miniにインストールした:

« PS Vita 8月28日のシステムアップデートの感想を少しだけ | トップページ | mac mini は電源を入れるときに早、 Bluetooth が使える »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30