無料ブログはココログ

« Nexus 7 や iPad などでプリンターをUSB機器の窓口として使う | トップページ | iPod touch で電池残量の%表示可能 »

2014年2月 6日

Android で ATOK

Nexus 7 が Android 4.4 (KitKat)にアップデートされて以来、
日本語 iWnn が強制終了することが頻繁に起きて、使い物にならなくなっていた。
そのうちに改善されるだろうと思って待っていたが、いっこうにその気配がない。
それで別のIMEを入れることにした。

安全性とか、これまでの慣れとかを考えて、ATOK for Android を購入してインストールした。
もちろん変換の精度は良い。
いろんなアプリと組み合わせても不具合が起きない。
やっと使い物になる Nexus 7 が帰ってきた。

 画面キーボードについての感想は、
縦置き時の Qwerty 配列が碁盤目状になるのは使いにくい。
テンキーでの入力はフリック入力がいい。
メーカーはジェスチャー入力を売りにしているが、45°の角度の違いを認識して指の動作をコントロールするのは意外に難しいし、今まで慣れたフリック入力の操作とは違っていて馴染めないので、私は使いたくない。

 外付けキーボードへの対応は、よくできていると思う。

 Nexus 7 + ニンテンドー・キーボード + 小さいマウス という組み合わせでパソコンのように使って、割と長い文章(この記事)を入力してみた。
推測変換をしないように ATOK を設定して入力したら、
邪魔な変換候補がうじゃうじゃと出てきたりしないので、
すっきりとパソコンと同じようなテンポで入力・変換できて快適だった。
入力・確定後にテキスト内の別の場所に移動したいときにも、
続きの文字をまだ何も入力しないうちにそれに続くであろうとATOKが予測した言葉の候補が勝手に現れてカーソルキーを変換操作で使わせようとしたりしないので、カーソルキーを使ってすぐに移動できる。
長い文章を入力するときには、推測変換なしの設定で外付けキーボードを使って入力するのが最適だと思う。

 もちろん、外付けキーボードを使わず、画面上のテンキーで入力するときには、推測変換もまた負担軽減に役立ったりもする。

 推測変換といい、ジェスチャー入力といい、
いろいろな機能は、それがいつも快適な入力に役立つとは限らない。
使い方によっては邪魔に感じられることがあるので、
使い方に応じて設定をいじるとよい。

 いろいろ書いたが、結論としては、
ATOK を使い始めて正解だ、と思っている。


« Nexus 7 や iPad などでプリンターをUSB機器の窓口として使う | トップページ | iPod touch で電池残量の%表示可能 »

Android」カテゴリの記事

コメント

日本語 iWnn は4月の更新をインストールすると、記事に書いたような不具合は起きないように改善されていました。めでたしめでたし…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14466/59082691

この記事へのトラックバック一覧です: Android で ATOK:

« Nexus 7 や iPad などでプリンターをUSB機器の窓口として使う | トップページ | iPod touch で電池残量の%表示可能 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30