無料ブログはココログ

カテゴリー「ネットウォーカー」の4件の記事

2011年9月29日

ネットウォーカーの画面操作で工夫したこと

   ネットウォーカーはタッチパネルで操作することができるが、本来はパソコン向けにマウスで操作するように作られたOSを流用して、
マウスを使う代わりに、スタイラスペン、あるいは指で、タップしたり長押ししたりドラッグしたりして操作できるようにしてある(マウスも使える)。

  なので、タッチパネルでの操作に最適化されてはいない。
マルチタッチでの操作はできないし、画面上にはいつもマウスカーソルが表示されていて、邪魔に感じることがある。
  かといって、カーソルの位置を気にする必要がないのかというと、そうでもない。右ボタンを押してメニューを出す場合、目指すアイコンが選択された状態に変色していても、マウスカーソルがそのアイコンの上になければ、期待通りのメニューは出ず、今マウスカーソルのある場所についてのメニューが出てしまう。

何とも中途半端な印象を受ける。反応の最適化という点では、ご先祖に当たるザウルスの方がずっとスタイラスへの反応が気持ちよかった。

   結局、マウスカーソルの位置は重要であるのだが、大きすぎると、目指す位置がマウスカーソルの下に隠れてしまって操作しづらくなるので、マウスカーソルを小さく表示するように設定した。

  スタイラスで正確な位置をタップできるようにしなければならないが、それがやりづらい。
購入して最初にスタイラスのタップの位置合わせの設定をさせられるが、1回目からうまく設定するのは難しい。
最初はどうしてもタップした位置へカーソルが行かなくて、
例えば、画面右下にあるスクロールバーの下向け矢印を押そうとしても、その近くにあるゴミ箱が反応してしまったりして、イライラさせられた。
結局何回も位置合わせの設定をやり直した。
やり直すうちにコツが分かってきた。
9ヶ所の位置合わせごとに、
画面にペン先が触った後、すぐに離したりせず、
押し付けたままで、前後左右からよく見比べて、
確かにペン先が目指す位置の真上にくるようにペン先をずらせて調整し、
正しい位置にあることを確かめてから、
ようやくペン先を浮かせるようにする。

  表面のガラスに厚みがあるので、1方向から見てちょうどの位置と思っても、実際にはズレていることの方が多いから、このように慎重に作業しなければならない。

  それがきちんとできたので、今はスタイラスに対して正しく反応するようになって、気持ちよく操作できている。

  スタイラスの使用のためのユーティリティの初期設定値は、この機種の全てのマシンに共通であってかまわないはずだ。
  手作業で難しいような、タッピングの最適な位置合わせの設定を、
初めてこのマシンに触れる不慣れなユーザーに手作業でさせたりせずに、メーカーの方で、事前に数値で正しく設定してからインストールして出荷することもできると思うが、どうだろう。

2011年9月 6日

ネットウォーカーとUSB機器

  ネットウォーカーでCFカードなどを読み書きしたいとき、USB端子に、多種類対応のカードリーダーを繋ぐことになるが、ネットウォーカーをバッテリーで動かしているときにはUSB端子への電力供給が十分ではなくて、カードリーダーへの入出力が不安定になり、安心して使用できない。しかし、ネットウォーカーをAC電源に繋ぐと電力が十分に供給されて、安定して入出力できるようになった。

  USBハブを使えば、2つ以上の機器を同時に接続することもできた。
また、セルフパワーUSBハブ (電源をホストとなるマシンに頼らずに、コンセントから直接電力を供給できる種類のUSBハブ) を使えば、電力消費の大きいポータブルハードディスクも、MOディスクドライブも使うことができた。
意外に対応する機器は多いと感じた。

  ネットワーク機能も意外に便利だ。LAN接続のハードディスク(NAS)をネットワークアダプタで無線LANへ繋いでおけば、ネットウォーカーから読み書きできる。
ただ、LANに繋がってから Windows ネットワークを認識し、続いてNASを認識するまでに、意外と時間がかかるので、気長に待つ必要がある。
1分以上かかることが多い。パソコンの共有フォルダにもアクセスできる。

  家で使うときには周辺機器の使い心地が非常にいいが、モバイルで使用するときは電力消費の少ない媒体(USBフラッシュメモリー等)しか使えないようだ。


  ちょっと脇道にそれるが、、ニンテンドーキーボードで、普通のキーボードにあるファンクションキーを使う方法が分かった。
[Fn]キーを押しながら数字キーを押せばよい。
たとえば英字の全角大文字を入力するには、
日本語入力の状態でシフトキーを押しながら入力して、
変換場面で[Fn]キーを押しながら9のキーを押せばよい。
USB、PTA、など楽に入力できる。

2011年6月13日

ネットウォーカーとキーボード2

 タブレット型ネットウォーカーとニンテンドーキーボードの接続方法について、きめ細かく解説します。

●初めて使うとき
「システム」のメニューを表示して、

1.デバイスの設定 を起動し、
  Bluetooth を ON にする。
  「閉じる」ボタンを押す。

2.Fnキーを押しながら電源スイッチをスライドさせて
 ニンテンドー・キーボードの電源を入れる。
(このときのコツは、電源スイッチをスライドさせたあとも、もうちょっとの間 Fn キーを押しつづけること。)

3.Bluetooth マネージャー を起動し、
  「検索」ボタンを押して

4.Nintendo Wireless Keyboard の文字が現れるので
  そこを選択して、
  メニューの「セットアップ」をクリックし、

5.次の Pairing 画面で、
  ○ランダムなパスキーを使用してください
  を選択し、「進む」 ボタンを押す。

6.その次の「ペアリング中」と表示された画面で
  表示されている数字列を、
  ニンテンドー・キーボードから入力し
  Enter キーを押す。
  (ここで、あんまりゆっくりしていると失敗します)

7.次の Connect 画面で、
  下の方の、 接続: で 
  ○入力サービス が選択されているのを確認して、
  「進む」 ボタンを押す。

8.次の画面で
 「機器が正しく追加され、接続されました」
 というメッセージが出たら「閉じる」ボタンを押す。

9.ウィンドウの右上の「×」をクリックして
  Bluetooth マネージャーを終了する。

 以上で使えるようになる。

 接続に失敗したときも、一旦キーボードの電源を切って、
 上の2.から繰り返せばよい。

●2回目に使うとき
 (Bluetooth が OFF なら、
  デバイスの設定 で、Bluetooth を ON にして)
 何もソフトが起動していない状態で
 ニンテンドー・キーボードの電源を入れ、
 何かキーを押していると、
 キーボードの名前が書かれて、黒地に白字で
 「Bluetooth 認証要求」というメッセージが出て、
 同時に、下にボタンが並んだ、ダイアログボックスが出るので、
 その中の「常に許可」のボタンを押せば、使用できる。

●3回目以降に使うとき
 (Bluetooth が OFF なら、
  デバイスの設定 で、Bluetooth を ON にして)
 ニンテンドー・キーボードの電源を入れるだけ。
 すぐに接続されないこともあるので、
 テキストエディタなど、キーボードを使うソフトを起動し、
 何回かキーを押して、画面に反応が現れるまで待つ。
 反応があれば使用開始。

2011年6月12日

ネットウォーカーとニンテンドー・キーボードでミニパソコン

Minipersoncom_4

 先日、型落ち品として安売りされていた、シャープのネットウォーカーを買った。
キーボードなしのタブレットタイプの方だ。
キーボード付きの機種よりも多くの電子辞書がおまけに付いているし、辞書が本体に内蔵されているので、ノートパソコン型のネットウォーカーのように電子辞書の入っているマイクロSDにスロットを占有されるようなことはなくて、好きな容量のマイクロSDを丸々自由に使うことができるところがよい。
 しかし、画面上の仮想キーボードをスタイラスでタップして使うのでは、長い文章を入力するには、やはり不便だ。
幸いこの機種では Bluetoothが使えるので、ニンテンドー・キーボードを使ってみた。
接続方法は次回(1つ上)の記事に書いてある。 
これで長い文章も平気だ。モバイルでの使用では、もっと小さい折りたたみ式のキーボードも持ち運びに便利かもしれない。他の Bluetooth キーボードもう接続できた。
 なお、有線でUSB端子に接続するテンキー付き普通サイズのキーボード(ELECOM TK-U109JPW2)も、このネットウォーカーに接続して使うことができた。
ただ、USB端子が1つ占有されて、キーボードを繋いだままでUSBメモリー等を使用するのが難しい(滅多に売っていないアダプタが別途必要)ので、お勧めできない。

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30