無料ブログはココログ

カテゴリー「iOS 7」の6件の記事

2014年1月11日

iPad Air 用 Logicool キーボードカバーの使用感

 Logicool 製の iPad Air 専用のキーボードカバー(Logicool Ultrathin Keyboard Cover for iPad Air : TF715)を iPad Air に装着して使い始めました。癖のないキー配列と、しっかりした打鍵感が気持ちいいです。iPad 本体を横置きでも縦置きでもキーのすぐ後ろに立てて置くことができます。縦置きより横置きの方がしっかりと固定できます。

 縦置きなら、Pages などで文書を編集するときに、用紙全体を表示して、ページ全体を見渡しながら編集ができます。画面が十分にきめ細かいので、その状態でも各文字が潰れることなくくっきりと表示できています。

 横置きなら、他の単なる Bluetooth 接続のキーボードと違って、磁石で iPad Air 本体にしっかりと固定されるので、より一層一つのマシンのように見えます。まるっきりノートパソコンです。
 閉じて画面を保護して持ち運ぶときと、キーボードの上に立てるときでは、合体させる場所が違いますが、どちらでも、磁石による固定ができます。

 [ 横置きの iPad Air ] + [ このキーボードカバー ]、これを新しいノートパソコンとして見た場合、次のような点で優れています。
 電池の持ちが非常に良いです。今まで電源コードを繋げずに10時間も続けて使用できるようなノートパソコンを持ったことがありませんでした。これだけでも素晴らしいです。
 CPUの性能が上がっているので、情報処理能力も一般のパソコンと比べても遜色ありません。
 もちろん画面は表示がきめ細かい Retina ディスプレイなので、非常に美しいです。
 機械はそのままに、このCPU向けの Mac OS X を作って搭載すれば、立派にマッキントッシュとして通用するのではないかとさえ思います。

 残念なのは、全角空白と鉤括弧「」の入力の不便さです。ソフトウェアキーボードの方では対処されていますが、外付けのキーボードではうまくいきません。また、ドライバーソフトの制作者である外国人?が「」より『』の方がメインであると勘違いしているみたいで、シフトキーとともに押して手軽に入力できるのは『』の方でした。私は、全角空白を含む文字列、左右一対の鉤括弧を、それぞれ適当な読みをつけてユーザー辞書に登録して使用しています。

2013年10月 7日

安くて高機能な有料BASICもあった

今度は、高機能である割に比較的安価な(170円) 有料の BASIC アプリ、Smart BASIC を iPod touch へインストールしました。グラフィックス関係の命令なども充実しています。実行速度も非常に速いです。

---修正---------------------------------------
Smart BASIC は Ver. 3.0 から日本語に完全に対応しました。
編集画面で文字定数に日本語を使うときにも、
以前のように異常な表示にはならず、すんなりと入力できるようになりました。
プログラム名にも日本語が使えるようになりました。
---修正ここまで--------------------------------

なお、この Smart BASIC にはsave命令はありません。プログラムは自動的にsaveされます。
プログラム単位のコピーやフォルダ作成などの機能は内蔵しています。

下に自作のプログラムと、その実行結果を載せておきます。例によって、正方形をたくさん描くプログラムです。このプログラムには日本語は使ってないので、Smart BASIC の編集画面だけで書くことができました。
ご覧のように、行番号は必要ありません。

-------------------------
graphics
shadow on
randomize

begin:
maxx = screen_width()
maxy = screen_height()
maxd = 160
halfd = maxd / 2

for i=1 to 400
x1 = rnd(maxx)
y1 = rnd(maxy)
x2 = x1 + rnd(maxd) - halfd
y2 = y1 + rnd(maxd) - halfd
draw color rnd(1), rnd(1), rnd(1)
draw size sqr((x2 - x1)^2 + (y2 - y1)^2)
draw line x1, y1 to x2, y2
if maxy <> screen_height() then goto begin
next i

end
-------------------------

Smartrandomsquares

2013年10月 4日

小さいBASICで正方形がいっぱい

今日は iPod touch 上の BASIC-II を使って、
短いが一工夫のあるプログラムを作ってみました。

ランダムに正方形を描いていくプログラムです。
私の iPod touch では、実行が遅くて少しイライラしました。
iPhone 5s なら、もっとずっと速く描けるでしょうねえ。

ボケ防止に丁度よい頭の体操になりました。

以下にプログラムと、実行途中の画像を載せておきます。

10 REM *Draw random squares*
20 GCLS
25 CLS
30 FOR n=0 TO 200
40 dx=rand(50)+10
50 dy=rand(100)
51 dy=dy-50
55 ss=dx*dx+dy*dy
56 s=sqrt(ss)
57 ux=dx/s
58 uy=dy/s
60 x1=rand(320)
70 y1=rand(480)
80 x2=x1+dx
90 y2=y1+dy
110 x3=x2+dy
120 y3=y2-dx
140 x4=x3-dx
150 y4=y3-dy
190 cu=rand(14)
200 for i =0 to s
210 xx1=x1+ux*i
220 yy1=y1+uy*i
230 xx4=x4+ux*i
240 yy4=y4+uy*i
250 LINE xx1,yy1,xx4,yy4,cu,2
270 next
500 c=rand(14)
505 if c=cu then goto 500
510 LINE x1,y1,x2,y2,c,2
530 LINE x2,y2,x3,y3,c,2
550 LINE x3,y3,x4,y4,c,2
570 LINE x4,y4,x1,y1,c,2
600 NEXT

Randsquares

2013年10月 3日

小さいBASIC見つけた

iPod touch でも BASIC でプログラミングが楽しめないかなあと思って探したら
BASIC-II という無料の小さなBASICを見つけました。
iPhone でも使えると思います。iOS7 上で使えています。

今のところ命令数が非常に少ないのですが、
それはそれで自分のやりたいことを、このわずかな命令をどう組み合わせて実現するかという、パズルを解くような楽しみがあります。

最近のプログラミング環境は、できることも多い代わりに、プログラミングに取りかかる前に覚えておくことが多くて、記憶力が衰えてきている初老の脳には使いづらいです。
その点、このBASICは覚えることが少なくて、すぐにプログラミングに取りかかれます。
手元ですぐに使える iPod touch にふさわしいBASICだと思います。

このアプリの使用例を探していて見つけた「四十路オヤジの雑記帳」というブログに LINE 命令で円を描けるということが書かれていたので、それをヒントにして、ちょっとプログラミングしてみようという気になりました。

LINE 命令で線の両端の点に同じ座標を指定すると、
線の幅を表す引数を大きくすればきれいな円が描け、
線の幅を小さく指定すれば点を描けます。

サンプルプログラムの「RandomLine.bas」をアレンジして、沢山の円を描くあそびのプログラムを書いてみました。

私のプログラムと、出来た絵を下に載せます。
(同じようなことを行なっているので、当然、出来た絵は「四十路オヤジの雑記帳」に載っている絵と似通っていますが、私は円周をはっきり描くことにこだわってみたので、プログラムは「四十路オヤジ」さんのとは異なっています。)

10 REM *Draw random Circles*
20 GCLS
25 CLS
30 FOR n=0 TO 300
40 x=rand(320)
50 y=rand(480)
80 c=rand(14)
90 w=rand(100)+2
100 LINE x,y,x,y,c,w
110 w=w-2
120 c2=rand(14)
125 IF c=c2 THEN goto 120
140 LINE x,y,x,y,c2,w
150 NEXT

Randcircles

2013年9月21日

iOS 7 がやってきた:iWorkインストール編

昨日も iOS 7 端末になった第5世代 iPod touch にいろいろとアプリを入れたり、設定を変更したりした。

まず、マッキントッシュの iTunes を iOS 7 に対応した最新のものに更新して、その iTunes に iPod touch のバックアップをとった。

その後、iPod touch に Appleの仕事効率化スイート iWork の
ワープロ(Pages)とプレゼンアプリ(Keynote)をインストールした。
ほかにも iPhoto と iMovie も インストールした。

これらはこれまで有料だったアプリだが
9月1日以降にアクティベートした端末の基本ソフトを iOS 7 に 更新すると無料で提供されるようになったものだ。

『更新が終了した時点でダウンロードを勧める画面が表示される』とウェブ上では報じられているが、私の iPod touch には表示されなかった(初老なもので、見逃したかも?)。
しかし、APP Store でこれらのアプリの個別のページを表示すると「無料」と書かれたボタンがあったので、めでたく無料でインストールできた。

無料措置の対象外の、第4世代の旧機種でも無料になるかどうか確かめたら、
一瞬、値段の書かれたボタンが表示されたあと、
iCloud のマークのボタンに変わった。
つまり「無料」という建前ではないが、
すでに新機種にインストールしてあるので、
同じアカウントの旧機種にも、新たに代金を支払うことなくインストールできるようだ。

表計算ソフトの Numbersも同じように無料になるのだが、
私の場合、こちらはずっと前にマッキントッシュ用の Numbersをお金を払ってインストールしたら、追加料金なしに iOS版もダウンロードできる権利を得られて、既に無料で手に入れていた。
そして、旧機種にインストールした Numbersを、他のアプリといっしょに既に新機種へ引き継いでいた。

今日から無料になった Google の Quickofficeも iPod touch と Nexus 7 の両方にインストールした。

また、iPod touch の壁紙を、iOS 7 に付属してきた動きのあるもの(ダイナミック)に変更した。使うのがより楽しくなった。

2013年9月19日

iOS 7 がやってきた:システム更新編

先日、iOS 7 がアメリカ時間の2013年9月18日に配布開始予定だと発表があった。
ぜひ使いたいと思ったが、手持ちの旧機種(第4世代 iPod touch)は iOS 7 のアップデートの対象からはずれてしまっていた。
残念だが、もうバッテリーの持ちが悪くなって買い替える時期がきていたと言えるので丁度よいと思って、iOS 7 が使える、縦長の第5世代 iPod touch を 2013年9月11日に買った。

縦長の新機種は、CPU の性能はいいし、カメラは本格的なデジカメに近づいたし、一応満足できる機種だった。
システム手帳風な外観の合成皮革のケースに入れて、保護シートを貼ると、より一層魅力的なマシンになった。
本当は先日のアップルの発表会で retinaディスプレイ搭載の iPad mini が出てくるのを期待していたが、それがなかったので、この機種を買うことにした。

設定は旧機種から引き継いだ。まず旧機種のバックアップをマッキントッシュのiTunesへとってから、それをそのまま新機種へ復元した。
1回の操作で設定もアプリも音楽のデータも写真も全てコピーできた。

2013年9月19日の朝、ソフトウェアアップデートが可能になっていたので早速 iOS 7 へ アップデートした。
それが目的で縦長の iPod touch を買ったのだから何の迷いもなかった。
ダウンロード開始から、iOS 7 での起動まで1時間半ぐらいかかった。
比較的早くアップデートできてよかった。
今のところ動作に不具合はない。

操作方法が iOS 6 から変更になっている部分もあるが、
自分の勘を信じて試行錯誤してみれば割とすぐに使い方が分かった。

下からスワイプして設定の一覧が出たり、
起動中のアプリの一覧から特定のアプリを停止させるのに、上向きのスワイプを使ったり、といった新しい機能は、スワイプの方向こそ違うが、Android 4.3 とよく似ていると思った。

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30